悩みの種類に合わせて対面式占いと電話占いを使い分けよう

悩みがある時に強い味方となってくれる占いは、対面式占いと電話占いの両方が存在します。電話占いが登場したことにより占い鑑定が身近な存在となりましたが、どのように使い分ければ良いのでしょうか。

対面式占いは手相占いや顔相占いといった占術式に適している

対面式占いは占いの館といった特定の場所でブースに仕切られた区画で行われるので、必ず占い師と1対1の対面を行えます。

手相や顔相といった古くは易者が行ってきた伝統的な占い鑑定方法は、対面式でなければ占い結果に影響が出てしまいがちです。

なぜなら、占術式としてのみ考えるならば映像や画像でも代替出来るように思われますが、見る角度だけでなく目に見えない部分も鑑定に含まれるからです。

複数の表情や身体の動きを占い師は感じ取った上で、依頼者から聞く内容の不足を補って占い鑑定に活かしています。

誰にも知られたくない相談内容は電話占いが望ましい

悩みの種類は人の数だけ様々ですから、中には性に関するものや他者に公開出来ない秘密が含まれていても不思議ではありません。

対面式占いでは相談中の内容が隣のブースまで漏れてしまうので、残念ながら完全に秘密で行うことは出来ないわけです。

電話占いならば、少なくとも顔を合わせる必要が無く互いの顔を直接知ったわけでは無く、会話内容も当人同士以外には漏れません。

電話占いサイト側でモニタリングしているわけではないので、通信の秘密は守られています。

相談内容と占い師の組み合わせで対面式占いと電話占いを使い分けよう

相談内容が隣のブースに聞こえても恥ずかしくなければ、対面式占いと電話占いのどちらを利用しても構いません。

占い師以外の人に聞かれたら問題になる相談内容ならば、電話占いを活用して秘密裏に占い鑑定を受けることが望ましいです。

電話占いサイトの中には、対面式占いの館を併設している事業者があるので、電話占いだけでは本物の占い師がいるのか不安ならば対面式占いも利用してみると良いです。

対面式占いは占いの館まで出向く必要があり、占い鑑定可能な時間が建物の開館時間に限られてしまいます。

いつでも好きな時に24時間占い鑑定を受けられる電話占いを利用すれば、悩みを早期に解決することが出来るはずです。

まとめ

実力派の占い師が電話占いと対面式占いの両方に参加していることは、対面式占いでは限られた相談者の悩みを鑑定することしか出来ないからです。

電話占いは場所の制限が無くなることから、占術式が相談内容と合ってさえいれば好きな時に占い鑑定を行えるメリットがあります。